1年半ぶりにFF14へ復帰した中の人のゲーム関連ブログ

リテイナーベンチャー4:【Lv30以下限定】一番儲かる調達依頼がシャードか検証

リテイナーベンチャー4:【Lv30以下限定】一番儲かるのシャードなのか検証してみた

リテイナーベンチャー4:【Lv30以下限定】一番儲かるのは、本当にシャード?

ども!ヤッパリです!

8人のリテイナーに囲まれて「もう体がもたないよ」といつの日か言ってみたいです。

さて、前回、リテイナーベンチャーで一番儲かるのはシャードが安定、と書きましたが

「Lv30までリテイナーベンチャーで一番儲かるのは、本当にシャードなの?」

を検証してみました。

検証対象は以下の3つのリテイナーベンチャー職です。

  • 狩猟(バトルクラスLv30以下の調達依頼)
  • 採掘師(Lv30以下の調達依頼)
  • 園芸師(Lv30以下の調達依頼)

この3つのLv30以下の調達依頼で得られるアイテムで

1回のシャード調達で得られるギル ≒ 2,400ギル
(シャード@40ギル×60個)

単価 × 個数 で越えることができるか?を検証します。

詳しいLv30以下の価格一覧は、今後作成予定の別ページで紹介するとして、ここではLv30までの調達依頼で儲かるランキングと結果を発表します。
(漁師はやってないのでデータがありません……)

スポンサーリンク

【Lv30まで限定】調達依頼で儲かる素材BEST10

マーケットでの相場は 2015年9月2日@Tiamat の価格 を参考にしています

狩猟(バトルクラス~Lv30)素材単価

  1. Lv25 アルドゴートの角 260G
  2. Lv26 ギガントードの粗皮 200G
  3. Lv30 フライトラップの葉 200G
  4. Lv29 ボッグヤーゾンの足 120G
  5. Lv22 メガロクラブの足 100G
  6. Lv24 ダイアマイトウェブ 100G
  7. Lv25 甲鱗の血 100G
  8. Lv26 ボムの灰 100G
  9. Lv28 ワイルドミルク 100G
  10. Lv23 アリオンの酸液 90G

狩猟の取得個数は、リテイナーLvが35の時、アイテムレベルLv10~30は7個で50分~1時間でした。
つまり、狩猟は1位のアルゴートの角でも

@260ギル × 7個 = 1,820ギル(< 2,400ギル)

→狩猟ではシャード掘りの2,400ギルの期待値には届きません

各アイテムの価格はサーバの相場次第のため、残念ながら現在のTiamatにおける狩猟のLv30までの儲けでは、採掘師・園芸師に一歩譲る結果となりそうです。

採掘師(~Lv30)素材単価

  1. Lv30 シルト岩 175G
  2. Lv24 ソーダ水 140G
  3. Lv27 珪砂 130G
  4. Lv20 コールマターG1 120G
  5. Lv19 アルメン 110G
  6. Lv17 石灰岩 100G
  7. Lv24 雷性岩 100G
  8. Lv25 銀鉱 100G
  9. Lv26 ボムの灰 100G
  10. Lv29 硫黄 100G

採掘師の取得個数はリテイナーLv31の時で15個で約1時間。
1位のシルト岩

@175ギル × 15個 = 2,625ギル(>2,400ギル)

→採掘師:シャードを超える利益が狙える。

採掘師なら相場次第では、シャード調達依頼よりも儲かる商材があったよ!
また、HQをとってくると、ノーマルより高く売れるため、期待値ではシャード越えです。

ただ、シャード掘は40分周期で回せますが、リテイナーのレベルと近い場合の調達依頼は時間が50分~1時間周期という弱点があります。

しかし、シャードを掘るより経験値も高いので狙っていきたいところ

園芸師(~Lv30)素材単価

  1. Lv20 ユーの枝 180G
  2. Lv24 ウォルナット原木 180G
  3. Lv18 ポポトの種芋 180G
  4. Lv22 ノーブルグレープ 155G
  5. Lv18 ポポト 150G
  6. Lv27 エッグプラントの種 150G
  7. Lv19 ユー原木 140G
  8. Lv5 蜜蜂の巣 120G
  9. Lv20 コールマターG1 120G
  10. Lv15 ハイランドパセリ 115G

園芸師の取得個数は、リテイナーLv31の時で15個で1時間
1位のユーの枝・ウォルナット原木は、

@180ギル × 15 = 2,700ギル(>2,400ギル)

→園芸師:確かな手ごたえ、シャードを超える可能性が感じられます。

原木系は回転も速いケースも少なくないので、マーケットに在庫が少ないようなら狙っていきたい商材です。

一方、種系は取得個数が1個です。
ポポトの種芋・カモミールの種は単価は悪くないですが調達依頼で取る必要はないでしょう。

まとめ:やっぱりシャード掘はギルは儲かる

というわけで、採掘師・園芸師なら、シャード調達依頼よりも儲かる商材がありそうです。
狩猟(バトルクラス)はもっと上のレベルを目指してがんばろう(一緒に)

経験値の違い

Lv30前後の調達依頼で得られる経験値はおよそ次の通り。

Lv1~5シャード掘:経験値1,133@40分
Lv21~30:経験値30,000@1時間
Lv31~35:経験値39,618@1時間

Lv21~30では、シャードの調達依頼で得られる経験値の約30倍です。

というわけで、マーケットの相場と相談しながら、ギルと経験値が両方稼げる商材を見つけつつ、楽しくリテイナーベンチャーしていきましょう。

スポンサーリンク

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

キャラクター(17/10/17更新)

  • Yappari Yahari@Tiamat

    Tiamat:Yappari Yahari
    Battle Class
    Crafter/Gatherer
    調

アーカイブ