1年半ぶりにFF14へ復帰した中の人のゲーム関連ブログ

PC版FF14をSSDへインストール、効果と速度を比較してみました

PC版FF14をSSD化:設定手順と比較

PC版FF14をSSD化:設定手順と比較

ども!ヤッパリです!

さて、2カ月くらい前ですがPC版のFF14をSSDにインストールしました。

結論から書きますが、SSD換装によるロード時間の短縮効果はバツグンだ!

SSD換装の効果は、データの読み込み時間短縮(待ち時間の短縮)だけであって、ベンチマークの数値が上がるわけではありませんが、未知巡りやモブハントなど、テレポやゾーン変更で少しでも早く移動したい際は効果的だと感じました。

以下、バックアップ手順とSSD交換後の測定結果をまとめます。
※SSD交換にはFF14の再インストールと、パッチの再ダウンロードをするため時間がかかります

もくじ:Windows FF14 HDDからSSDへの交換手順

  1. はじめに:PC環境
  2. 設定のバックアップ(レイアウト・マクロ等)
  3. FF14をHDDからアンインストール
  4. FF14をSSDへインストール
  5. 2でバックアップした設定を復元
  6. 各種ベンチマーク結果
  7. SSDは何を選べばいい?

スポンサーリンク

1.はじめに:PC環境

計測した当方のPC環境は大体こんな感じです。

・CPU:Intel Core i5 2500K
・VGA:ZOTAC GTX980 4GB OC

FF14をプレイする画面サイズは「2560 × 1080」、
言う横に長い変態サイズでいつもプレイしています。

FF14のインストール環境(HDDとSSD)

HDDからSSDへの交換は以下のモデルで行いました。

交換前のHDD:WESTERN DIGITAL WD30EZRX 3TB

交換後のSSD:crucial CT250MX200 240GB

2.PC版FF14の設定をバックアップ

SSDへの移行手順について記載します。

まず最初に、現在のFF14設定をバックアップを行います。

FF14のマクロ設定などは、インターネット上ではなく、自分のパソコンの中に保存されています。バックアップをしておかないと、HUDレイアウトやマクロなどが保存されません。

FF14設定(マクロ等)のバックアップ手順

FF14を起動し、ログイン画面を表示します。

『CONFIG』を選択

『CONFIG』を選択

下のメニューにある『CONFIG』を選択します。

『起動』を選択

『起動』を選択

「保存データのバックアップ/復元」の右にある『起動』のボタンを選択します。

『バックアップ』を選択し、設定ファイルを保存

『バックアップ』を選択し、設定ファイルを保存

「保存データのバックアップ/復元」の中から『バックアップ』を選択します。

バックアップには、好きな名前を付けて保存すればOK。
これでバックアップは完了です。

3.FF14をアンインストール

続いてFF14を一度HDDからアンインストールします。
(ちょっとドキドキしますね……)

「プログラムと機能」から「Final Fantasy XIV – A Realm Reborn」を選択して右クリックし、『アンインストール』を選択します。

プログラムと機能から「FF14」をアンインストール

プログラムと機能から「FF14」をアンインストール

『はい』を選択

『はい』を選択

『完了』を選択

『完了』を選択

蒼天のイシュガルドなどの拡張パックが入っている場合でも、「Final Fantasy XIV – A Realm Reborn」のアンインストールを行うと、拡張パックも同時にアンインストールされます。

4.FF14をSSDへインストール

HDDからFF14のアンインストールが完了したら、今度はSSDにFF14をインストールします。
※手元に新生FF14のインストールディスクを用意してください。

まずは新生FF14をインストール

あらためて新生FF14をSSDへインストール開始

インストール先の選択を行います。
ここでSSDのドライブを選択してください。

インストール先の選択が出たら『参照』を選択

インストール先の選択が出たら『参照』を選択

SSDをインストール先に指定します。(スクリーンショットではSSDはKドライブの場合)
※フォルダ「SquareEnix~以下」は自動で生成されます

インストール先にSSDの場所を指定

インストール先にSSDの場所を指定

『次へ』インストールを進めます

『次へ』インストールを進めます

新生FF14のインストールが完了したら、続いて拡張パックのインストールを実施します。

蒼天のイシュガルドの拡張ディスクをセットして、インストールを行います。

新生FF14のインストールが完了したら、拡張ディスクをセット

新生FF14のインストールが完了したら、拡張ディスクをセット

拡張パック「蒼天のイシュガルド」をインストール

拡張パック「蒼天のイシュガルド」をインストール

これで、拡張パックを含めたFF14のSSDへのインストールは完了しました。

5.2でバックアップした設定を読み込む

SSDへのインストールが完了したら、バックアップしておいた設定(レイアウト・マクロなど)の復元を行います。

FF14設定の復元手順

FF14を起動してログイン画面を表示して復元作業を行います。

『CONFIG』を選択

『起動』を選択

『起動』を選択

「保存データのバックアップ/復元」の画面から、2.で保存しておいたバックアップファイルを読み込んで、設定を復元します。

今度は『復元』を選択

今度は『復元』を選択

手順1でバックアップしたファイルを選択

手順1でバックアップしたファイルを選択

『OK』を選択。これで設定は戻りました

『OK』を選択。これで設定は戻りました

これでFF14設定は元通り復元できました。

あとは、いつも通りログインして自動アップデートを行えばSSDへの移行は完了です。
※数GB以上のダウンロードが実施されるため時間がかかります

6.FF14@SSDベンチマーク結果

SSDへ換装したベンチマークの結果は以下の通りです。

ゲーム中のローディング時間の変化

実際のFF14ゲーム内で移動、ローディング時間を測定しました。

測定場所SSDHDD
1.ログイン→リムサ・ロミンサ宿屋12.5秒25.8秒
2.宿屋→リムサ・ロミンサ 上甲板層9.3秒27.8秒
3.テレポ:キャンプドライボーン11.3秒19.2秒
4.テレポ:ドラゴンヘッド10.4秒14.3秒
5.デジョン:グリダニア10.8秒20.3秒

待ち時間が約半分!

SSDの恩恵は大きく、ゲーム中で十分に体感できる早さです。
特にログインして、エリアチェンジンジした際などの数値が顕著です。

各時間の測定方法

・「リムサ・ロミンサの宿屋」でログアウト。
・パソコンを再起動後、FF14を開始。
・[1について].『ログインします』→「OK」を押してから、画面が表示されるまでの時間
・[2について].1の測定終了後、宿の外に出るまでの時間
・[3~5について]テレポの計測:『場所をクリックしてから、テレポ先の画面が表示(=暗転解除)されるまで』の時間。テレポは選択してから詠唱が5~6秒かかりますが、場所が決定した時点で、先読み可能なため。

蒼天のイシュガルド 公式ベンチマーク

公式ベンチマークでローディング時間も測定しました。
ベンチマークの設定は下記の通り

・画面サイズ: 2560×1080
・スクリーンモード設定: フルスクリーンモード
・DirectX バージョン: 11
・グラフィック設定のプリセット: 最高品質

スコアはほとんど変わりませんが、ローディングタイムが大分縮まりました。

SSD

SSD:ローディングタイム21.656秒

HDD

HDD:ローディングタイム35.804秒

A.SSD:21.653sec(スコア10,175)
B.HDD:35.801sec(スコア10,185)

ベンチマーク結果の詳細です。

SSDのベンチマーク詳細
ローディングタイム:
シーン#1 1.159sec
シーン#2 5.465sec
シーン#3 4.875sec
シーン#4 4.364sec
シーン#5 3.990sec
シーン#6 1.798sec
合 計 21.653sec

HDDのベンチマーク詳細
ローディングタイム:
シーン#1 2.559sec
シーン#2 12.529sec
シーン#3 6.265sec
シーン#4 6.408sec
シーン#5 5.276sec
シーン#6 2.762sec
合 計 35.801sec

HDDとSSDの速度:CrystalDiskMark

CrystalDiskMarkによるHDDのRead/Write(読み書き)の速度です。
今までのHDDもそれなりに速度が出ていますが、SSDは読み込みで518MBと圧倒的な速度が出ています。

HDD WESTERN DIGITAL WD30EZRX 3TB

HDD WESTERN DIGITAL WD30EZRX 3TB

SSD crucial CT250MX200

SSD crucial CT250MX200

 

7.SSDは何を選べばいい?

SSDの容量:256GB以上が安心

私の場合、128GBと256GBで悩みましたが、結局256GBのモデルにしました。

現在、SSDにはFF14とウィッチャー3をインストールして60GB程使用しています。今後の拡張や他のゲームをインストールする場合は256GB~、FF14のみインストールする場合は128GBでも大丈夫だと思います。

SSDのメーカー/種類について

今回、私が選んだSSDは「Crucial(クルーシャル) SSD MX200 256GB」です。

このMX200は購入した時点で新しいファームウェア(MU02)が出ており、新ファームウェアを導入する事で速度も上がりましたが、このファームウェア更新がかなり手間でした。

ファームウェア更新、全然問題ないぜ!

という方はMX200で良いと思います。詳細については、以下のサイトで詳しく述べられています。

SSDを交換したら新生FF14のロードが遅くなってしまった件…と解決方法

SSDは最近の物なら特にどれでも問題は無いと思いますが、個人的に次買うとしたら、別マシンで安定稼働しているIntel 730 でしょうか。。

なんにせよこれで

「ラグで急に画面が動かなくなったナニコレ」

「マシンの調子が悪くてさ^^;;;;;」

「急にオレの右手が騒ぎだしやがった……」

などといった床ペロ時の言い訳がますますできなくなりそうです\(^o^)/

スポンサーリンク

 

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

キャラクター(17/11/22更新)

  • Yappari Yahari@Tiamat

    Tiamat:Yappari Yahari
    Battle Class
    Crafter/Gatherer
    調

アーカイブ