1年半ぶりにFF14へ復帰した中の人のゲーム関連ブログ

FF14ハウジングの撤去開始:撤去件数掲載!FCと個人宅どっちが多い?Tiamat全区画状況まとめ

ハウジング、何件撤去???撤去件数まとめ@Tiamat

ハウジング、何件撤去???撤去件数まとめ@Tiamat

ども!ヤッパリです!

パッチ3.0から45日が経過し、ついにハウジングの撤去が開始されました。

さて、初となるハウジングの撤去で、どれくらいの土地が撤去の対象になったのか?

実は、Tiamatサーバのハウジング全48区画を、撤去開始前と撤去開始後で記録していたので、どのエリアでどれくらい撤去が実施されたのか?を公開します。ウフフ、年末年始になにやってるんだろうこの暇人♪(*’-‘)
※Tiamatサーバはレガシーではない初期サーバですが、過密でも過疎でもない中程のサーバだと思います。

目次

ハウジングの自動撤去が実施された日時
ハウジングの土地数について
撤去数の調査方法
概要:全エリア撤去数
撤去数:リムサ・ロミンサ:ミスト・ヴィレッジ
撤去数:グリダニア:ラベンダーベッド
撤去数:ウルダハ:ゴブレットビュート
総論:ハウジング撤去開始「45日」に見る「慎重な」対応
Appendix:土地の価格(パッチ3.15時点)

ハウジングの自動撤去が実施された日時

以下、2つのパターンで撤去が実施されたようです。

  • A.2015年12月26日 午前5時 開始
  • B.2015年12月26日 午前6時 開始

私のサーバ、Tiamat(ティアマット)ではBパターンの実施で、12月26日午前6時 に撤去が開始されました。
その他のサーバでも、12月26日午前5時、もしくは6時に撤去が実施されたようです。

撤去のタイミングは、徐々にではなく、該当時間が来た時点で撤去対象すべてが空地になったようです。

早朝のハウジング撤去に賛否両論?

今回、初の撤去は、早朝5時~6時というログインが少ない時間帯に行われました。

しかし、需要の高いSサイズの土地は割とすぐに売り切れてしまい、撤去時間にログインできなかった人は、今回の撤去でもハウジング難民のままになってしまったかもしれません。

撤去時間については、某実況chや一部パーティ募集などで高度な?情報戦が繰り広げられていたようです。

ハウジングの土地数について

まずはちょっとおさらいしておきましょう。
ハウジングは、カンパニーごとに3つのエリアに分かれています。

全エリアで1440軒分の土地

  1. リムサ・ロミンサ:ミスト・ヴィレッジ(全16区画:480軒)
  2. グリダニア:ラベンダーベッド(全16区画:480軒)
  3. ウルダハ:ゴブレットビュート(全16区画:480軒)

3つのエリアで全1440軒分の土地があり、カンパニーごとのエリアは全16区画(1~8区、拡張街1~8区)に分かれています。区画で見ると、

1区画30軒=Sサイズ20軒 + Mサイズ7軒 + Lサイズ3軒

で整地されており、1区画で計30軒の家を建てることができます。

撤去数の調査方法

Tiamatサーバにて、以下の撤去実施前後で全48区画の所有者を比較しました。

  • 実施前:2015年12月24日午前5時30分時点 のハウジング所有者
  • 実施後:2015年12月26日午前6時 のハウジング所有者

上記の比較結果のうち、次の条件を「撤去」としてカウントしました。

  • 1.入札可能(空き家)になった家
  • 2.所有者が変更されていた家

一番人気のリムサ・ロミンサのミスト・ヴィレッジでは、撤去から5分経った時点で持ち主が変わった家が多数あり、撤去直後からかなりの争奪戦が行われた模様です。

概要:全エリア撤去数

撤去は1440軒中114軒、約12~13軒に1軒が撤去対象

Tiamatサーバでは、全3エリアに存在する1440軒中、114軒が撤去されました。
これは全体の約8%程度に相当し、12~13軒に1軒が撤去された事になります。

撤去114軒をエリア別にみると次のようになります。

・ミスト・ヴィレッジ40軒:S31軒・M5軒・L4軒
・ラベンダーベッド38軒:S33件・M2軒、L3軒
・ゴブレットビュート36軒:S29軒・M6軒・L1軒

ハウジング撤去実施:撤去件数の概略@Tiamat

ハウジング撤去実施:撤去件数の概略@Tiamat


個人宅とFCでどちらが多く撤去された?

はい、答えは個人宅でした!(@Tiamat)

・撤去された個人宅=74軒
・撤去されたFCハウス=40軒

ティアマットの場合、結果は明らかで、個人宅の撤去数が、FC宅の約2倍になっています。

やはり管理を一人で行う必要がある個人宅の方が撤去率が高いのは必然でしょうか。
各サイズごとの撤去率は下記の通りです。

全エリア総合:サイズ別撤去件数

全エリア総撤去数:114軒/全1440軒
全エリア総撤去率:7.9%

全エリアSサイズ撤去数:93軒(個人宅61軒、FC32軒)/全960軒
全エリアSサイズ撤去率:9.7%

全エリアMサイズ撤去数:13軒(個人宅9軒、FC4軒)/全336軒
全エリアMサイズ撤去率:3.9%

全エリアLサイズ撤去数:8軒(個人宅4軒、FC4軒)/全48軒
全エリアLサイズ撤去率:5.6%

スポンサーリンク

続いて各エリアごとにみていきましょう。

まずは一番人気のリムサ・ロミンサの撤去状況から。

撤去数 リムサ・ロミンサ:ミスト・ヴィレッジ

ミスト・ヴィレッジ

ミスト・ヴィレッジ

ハウジングで一番人気のエリア、ミスト・ヴィレッジです。
ティアマットサーバでも、ここは唯一空家が存在しないエリアです。

今回の撤去で、ミスト・ヴィレッジは全40件の土地が撤去されました。
Sサイズは全部で31軒の撤去が実施されましたが、撤去が実施された日の夜には、撤去されたSサイズの土地はすべて売り切れになっていました。

ミスト・ヴィレッジの全区画撤去数

リムサ・ロミンサ:ミスト・ヴィレッジ全区画撤去件数@Tiamt

リムサ・ロミンサ:ミスト・ヴィレッジ全区画撤去件数@Tiamt

4区は、動きがまったく無しという謎の定着率です。

ミスト・ヴィレッジ撤去データ@Tiamat

ミスト・ヴィジレッジ撤去数:40軒/全480軒
ミスト・ヴィジレッジ撤去率:8.3%
撤去比率 個人宅:FC=25軒:15軒

Sサイズ撤去数:31軒(個人宅21軒、FC10軒)/全320軒
Sサイズ撤去率:9.7%

Mサイズ撤去数:5軒(個人宅2軒、FC3軒)/全116軒
Mサイズ撤去率:4.5%

Lサイズ撤去数:4軒(個人宅2軒、FC2軒)/全48軒
Lサイズ撤去率:8.3%

撤去数 グリダニア:ラベンダーベッド

ラベンダーベッド

ラベンダーベッド

ハウジングで二番手の人気を誇る、ラベンダーベッドです。
撤去が実施される前にLサイズの土地のみ11件の空家が存在していました。

今回の撤去では、ラベンダーベッドは38件の土地が撤去されました。
ここもなぜか4区のみが撤去0軒でまったく住人が動きを見せず。4区の通常区画は謎の定着率を見せています。

ラベンダーベッドの全区画撤去数

グリダニア:ラベンダーベッド全区画撤去件数@Tiamt

グリダニア:ラベンダーベッド全区画撤去件数@Tiamt


ラベンダーベッド撤去データ@Tiamat

ラベンダーベッド撤去数:38軒/全480軒
ラベンダーベッド撤去率:7.9%
撤去比率 個人宅:FC=24軒:14軒

Sサイズ撤去数:33軒(個人宅20軒、FC13軒)/全320軒
Sサイズ撤去率:10.3%

Mサイズ撤去数:2軒(個人宅2軒、FC0軒)/全116軒
Mサイズ撤去率:1.8%

Lサイズ撤去数:3軒(個人宅2軒、FC1軒)/全48軒
Lサイズ撤去率:6.3%

撤去数 ウルダハ:ゴブレットビュート

ゴブレットビュート

ゴブレットビュート

ウルダハが誇るハウジング、ゴブレットビュート。
ティアマットでは、Lサイズの土地が25軒と、全体の半分以上余っていました。

今回の撤去で撤去件数は、36軒と全3エリアの中でもっとも撤去数が少なくなっています。

ゴブレットビュートの全区画撤去数

ウルダハ:ゴブレットビュート全区画撤去件数@Tiamt

ウルダハ:ゴブレットビュート全区画撤去件数@Tiamt


ゴブレットビュート撤去データ@Tiamat

ゴブレットビュート撤去数:36軒/全480軒
ゴブレットビュート撤去率:7.5%
撤去比率 個人宅:FC=25軒:11軒

Sサイズ撤去数:29軒(個人宅20軒、FC9軒)/全320軒
Sサイズ撤去率:9.1%

Mサイズ撤去数:6軒(個人宅5軒、FC1軒)/全116軒
Mサイズ撤去率:5.4%

Lサイズ撤去数:1軒(個人宅0軒、FC1軒)/全48軒
Lサイズ撤去率:2.1%

総論:ハウジング撤去開始「45日」に見る「慎重な」対応

今回、実装後初の実施となったハウジングの自動撤去。

自動撤去の「45日」という周期が、「休止するには短すぎる」と一部で言われたのも記憶に新しく、私個人もその意見には賛成です。

なぜ45日か?そこに垣間見られる運営方針

今回の撤去実施を分析し、ティアマットサーバの撤去率「7.9%」という数字と、その後ハウジングの売れ方を見ると、この「45日」という設定は、運営側で何度もシミュレーションを重ねた上で実装されたのだと納得できます。

つまり、撤去率「7.9%」という数字は、土地が足りなくなるのを承知で、運営が設定した数値であり、多くのサーバでも撤去率は、5~10%前後に収まっている事でしょう。

それが指す意味はあくまで

「ハウジングの土地は”やや足りない”くらいを目安に、調整を続ける」

というのが、今回の数字から明確に見えてきます。

一気に土地を増やす事のデメリットとして、ハウジングで空きが増えてしまうと、全体に「過疎」という雰囲気が生まれ、ユーザの継続率に影響を与えるため、ビジネスとしての判断は正しいと思いますし、ハウジングサーバの拡張縮小が手間というのもわかります。

これが現時点の運営の方針なのでしょう。

慎重なハウジングへの姿勢、対応は「何よりも速さが足りないッwwwww」

今後、実装された自動撤去によって、45日間周期で土地は少しずつリリースされ、また、前回のPLLで触れられたように今後のハウジングエリアの追加や、また、今後の利用状況によっては「45日」という期間自体にも調整が入るかもしれません。

ここまで長々と書きましたが、言いたい事をまとめます。

「対応が慎重過ぎて速さが足りないッ!www
土地足りないんだよwwwケチらず早く土地を増やせヨシダwwwwww」

スポンサーリンク

Appendix

以下、パッチ3.15のハウジング価格です(2015年12月25日時点)

ハウジング:土地の価格(パッチ3.15時点)

ハウジングの価格は大きく3つに分けられます。(ウチのTiamatはAグル―プ)

■ Aグループ
 Aegis/Bahamut/Balmung/Behemoth/Cactuar/Carbuncle/Chocobo/
 Diabolos/Durandal/Excalibur/Fenrir/Garuda/Gilgamesh/Gungnir/
 Hyperion/Ifrit/Leviathan/Mandragora/Masamune/Midgardsormr/
 Odin/Ragnarok/Ramuh/Ridill/Sargatanas/Shiva/Siren/Tiamat/
 Titan/Tonberry/Ultros

・Sサイズ:400万ギル~500万ギル
・Mサイズ:3000万ギル~3750万ギル
・Lサイズ:7000万ギル~8750万ギル

■ Bグループ
 Adamantoise/Alexander/Anima/Atomos/Cerberus/Coeurl/Exodus/
 Faerie/Goblin/Hades/Ixion/Kujata/Lamia/Malboro/Moogle/Pandaemonium/
 Phoenix/Typhon/Ultima/Valefor

・Sサイズ:320万ギル~400万ギル
・Mサイズ:2400万ギル~3000万ギル
・Lサイズ:5600万ギル~7000万ギル

■ Cグループ
 Asura/Belias/Brynhildr/Famfrit/Jenova/Lich/Mateus/Shinryu/
 Unicorn/Yojimbo/Zalera/Zeromus/Zodiark

・Sサイズ:200万ギル~250万ギル
・Mサイズ:1500万ギル~1875万ギル
・Lサイズ:3500万ギル~4375万ギル

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

キャラクター(17/11/17更新)

  • Yappari Yahari@Tiamat

    Tiamat:Yappari Yahari
    Battle Class
    Crafter/Gatherer
    調

アーカイブ